ずっと行きたかった国立美術館のリヒテンシュタイン展に行ってきました

20120908_2590529

今回、今は天井には設置されてない天井絵が本来あったように、天井に設置されています。
下から見上げたような構図でどれも美しいです。私は特に↓左上「絵画の寓意」が好き(*´ω`*)  

TKY201210030242
この部屋は「バロック・サロン」と名付けられていて、絵画の他に調度品や家具、彫刻も展示されています。 正に眼福モノのお宝が所狭しと展示されています・・・・が!!・・・狭いっっっ   

絵画の下にチェストが置かれてたり、キツキツで部屋の角に小さい壺とか展示してあるもんで、それを見ようと人が密集しちゃう・・・  分かるんだけどね~~  雰囲気重視なのは分かるんだけどね~~   

特に一番最初の空間だから皆やる気満々だからさ。  かと言って一番最後にドドンパ!!って出されると、「マジっすか~~!?もう足が痛くて長居出来ませぇん!!」って事になるから・・・  困るよね~~~www


ホロフェルネスの首を持つユディト
images (2)
これ、この前雑誌で見て気に入ってたんです~~ いつか見たいと思ってたものが偶然見れて、超ラッキーー   


「夢に浸って」              「マリー・フランツィスカ・リヒテンシュタイン2歳の肖像」
images (1)  images

「虹の女神イリスとしてのカロリーネ・リヒテンシュタイン侯爵夫人」
images (3)
この絵にまつわるお話で侯爵のイケメン度が分かります。
この絵が侯爵のサロンでギャラリーにお目見えした時、「靴を履いていない!!」と侯爵家の皆さんが慌てたところ、旦那さん。絵の下に靴を置いて、「空を飛んで、足から滑り落ちてしまったんだ」なんてウィットに富んだジョークでその場を収めたのだとか。。。

くぅ~~~
イケメン


バーチャル美術館 なるものを見つけました。興味があればどうぞ。


その他、信じられないくらい繊細な加工の象牙のジョッキ
images (4)

貴石で模様を描いたチェスト
sLiechten11

等、目を見張る品々も多数あり、とても至福な3時間でした


公式図録やポストカードげっと!! クリスマスが近いので、友達用へ付箋やミラーもげっともちろんお揃いで自分の分も

image

それにしても「マリー~~2歳の肖像」の破壊力がハンパ無い。
か~わ~い~い~~
天使ぃぃっぃいい~~~


そんなこんなで最高でした。
芸術を愛したリヒテンシュタイン侯爵家。
400年以上、家訓を守り、芸術を守った家。
素晴らしい一族ですね。。。感謝です。



美術品を眺めた後はやっぱり甘いもの

image
リヒテンシュタイン展コラボすいーつ リンゴのコンポートとフロマージュ、モンブランとクランベリーソース添え そんな名前だったかな。  サッパリ系で美味しかったぁ


さぁ。皆さんは神尻を愛でてくださいまし
実はバニーの後ろは・・・・
image


ぴろーーーん
おほほ


この写真を家に飾るときはちゃんと下にパンツを置かなきゃね


ビックリしたかしらん?
image


今日もがっつり!JINJINしなさいよぉっ



P.S. ニコラス・ケイジのシティ・オブ・エンジェルは私も見たわ!面白かった!てか、ニコラス・ケイジの映画はハズレが無いのよね~~。いい味出すわよね~~。イケメンじゃないのに美しいのよね~~。不思議な人 


jpg